1. ノルマやペナルティの厳しいキャバクラは初心者にはキツイ

ノルマやペナルティの厳しいキャバクラは初心者にはキツイ

キャバクラのバイトで注意したいことは、ノルマとペナルティです。

体験入店ではあまり良く分からないかもしれませんが、実際にお店で働き始めると毎月の売り上げ目標を突き付けられ、その目標に達しないと罰金を取られる、基本給が下がる(時給がゼロになるお店もあります)などの厳しいルールがあります。

営業成績に関わらずお店で仕事をしているわけですから、成績が悪い事を言い訳に時給がゼロになるのは労働基準法違反のブラックキャバクラ。
ただしキャバクラは営業の仕事なので、売上ノルマは毎月設定され、クリアできないキャストはだんだん脱落していく厳しい世界です。

ここではキャバクラの厳しい掟についてまとめています。

最低時給保証期間に営業でファンを増やす

キャバクラは単純な接客業ではなく、キャバ嬢自身のファンを増やすために自力で営業し固定客を掴む事でお店の売り上げに貢献し、報酬をガッチリ稼いでいくシステムです。
「何の努力もせずに時給3,000円もらえるならラッキーじゃん!」と考えてはいけません。
入店後1~2ヶ月は固定ファンを増やすための準備期間として、お店も最低限の時給を保証してくれます。
でもその後、思うように固定客が増えないと時給が減らされる可能性大です。

キャバクラは甘い気持ちでは長続きしない、厳しい世界。少々外見が綺麗でも、顧客のハートを鷲掴みにするトークスキルや幅広い知識、顧客に対する思いやり、女性らしさ、癒しなど何かしらの魅力がないと生き残っていけません。
固定ファンを増やすためにメールやLINE、電話を駆使して営業をかけ、太客とは営業が終わった後に一緒に食事をしたり(アフター)、キャバ嬢の公休日にデートをしたりと涙ぐましい努力をしています。

ノルマが達成できないとどんなペナルティが待っているの?

もしお店が設定したノルマが達成できない時は、数万円単位の罰金を強制的に報酬から差し引かれる、基本時給が下がるなどの厳しいペナルティが課せられます。

売り上げが目標に達しない以外にも、出勤日に勝手に休む(無断欠勤)、遅刻するなどするとペナルティとして数万円単位の罰金が差し引かれるケースもあり、営業成績が悪い+無断欠勤が多いと「逆にお店にお金を支払わなければならない」事もあるんです。

ノルマやペナルティのないキャバクラってあるの?

基本的にキャバクラにはノルマがあると思って良いです。
営業成績を一切言わないお店はほとんどありません。

ただお店によってノルマを厳しく言う店舗とそこまで言わない店舗があるので、入店時に営業目標を達成出来ない時の対応や毎月どれだけの目標が課せられるかを聞いておくと良いですね。
厳しい営業目標を設定されるお店で働くのは、初心者は避けた方が無難

もし営業成績を問われたくない、のんびりが良い、がバイトに選ぶ条件であれば、キャバクラではなくスナックに勤務する方が精神的にも良いはず。
スナックの場合、メールでの営業くらいはありますが、そこまで厳しく言われません。
キャバクラよりも時給はかなり低いですが、必死に営業をしたくない方はそちらを選ぶのも有りですよ。