キャバクラは通常夜7時前後から営業が始まり、真夜中0時~1時の間に営業が終わるようになっています。
この営業時間は風営法にきちんと定められているので、真夜中1時を過ぎて営業しているキャバクラは「お客さんが帰ってくれない」などの理由を言っても許してもらえません。
営業時間を確認してみて、真夜中2時、3時まで営業しているお店は明らかに風営法違反となります。

このページではキャバクラのバイトを営業時間で選ぶ条件やメリット・デメリットをまとめています。

日の出から営業開始の朝キャバ

キャバクラは風営法により営業時間が決まっています。ではキャバクラは何時から営業して良いのでしょうか?
実は「日の出から営業開始OK」と決まっているのです。

日の出と言っても夏と冬とでは時間が大きく変わってきますが、夏場なら東京は朝の5時前後、冬になると朝の7時前後になりますね。
朝キャバを謳うお店をチェックすると、だいたい朝5時~7時前後に営業を開始しています。法的には特に問題なさそうです。

「朝っぱらから誰がキャバクラに来るの?」と疑問に思いますが、夜勤が終わってちょっとお酒が飲みたいサラリーマン、同じ飲食業の従業員、自由業の方、観光客など意外とニーズはあります。
朝キャバは通常のキャバクラのようにキャバ嬢が派手なドレスを着たりへアメに凝ることは少なく、落ち着いた飲み屋さんのイメージです。

キャバ嬢からすると、朝や昼から営業するキャバクラは生活リズムが整いやすく勤務しやすいメリットがあります。
朝9時から夕方5時までの勤務なら、普通のお勤めと全く変わりません。
時給もコンビニでバイトをするよりは高いので、生活リズムを崩さずに高い時給で働けるのがメリットです。

デメリットとしては夜の営業よりも顧客が少なく、時給が安めになる事。
バリバリ稼ぎたいなら、夜に営業しているキャバクラで働く方が良いですよ。

夜のキャバクラは帰宅時間に要注意

朝キャバや昼キャバはお店の数が少ないので、キャバクラでのバイトを考えるなら夕方~夜にオープンするお店で働く可能性が高くなります。
この時気を付けたいのが勤務終了の時間です。

もし終電に間に合うように仕事を終わらせたいのであれば、事前にお店側と話しをしておかないと時間を逃す事になります。
「終電上がりOK」と書かれたお店であれば、勤務時間について調整してもらえます。

どうしても終電に間に合わない時は、お店側が車を出して自宅まで送ってくれたり、タクシーを呼んでくれるなどの配慮もあります。
「終電に間に合うように帰りたい」のであれば、最初からしっかり伝えておくとOKです。

  • 1